WinDjView

DjVu(デジャヴ)ファイルの閲覧、印刷が可能 「.djvu」拡張子のファイルが送られてきたら

WinDjView(ウィンデジャヴュー)は、DjVu(デジャヴ)形式のファイルを閲覧して印刷できる無料ビューワーソフトです。DjVu形式とは、スキャンしたドキュメントを圧縮して軽量化するためにファイル形式で、ファイルを大幅に軽量化できる反面、閲覧できるソフトウェアが少ないというデメリットがあります。WinDjViewを使えば、無料でDjVuファイルを開いて拡大/縮小表示したり、画質を調節して印刷できます。 完全な説明を見ます

賛成票

  • DjVu形式のファイルを開くことができる
  • 色の調整や印刷が可能
  • テキストの抽出も可能

反対票

  • DjVuファイルの作成、編集はできない
  • WinDjVu単体ではファイル形式を変換することはできず、ファイルのPDF化には別途PDF作成ソフトが必要

とても良い
8

WinDjView(ウィンデジャヴュー)は、DjVu(デジャヴ)形式のファイルを閲覧して印刷できる無料ビューワーソフトです。DjVu形式とは、スキャンしたドキュメントを圧縮して軽量化するためにファイル形式で、ファイルを大幅に軽量化できる反面、閲覧できるソフトウェアが少ないというデメリットがあります。WinDjViewを使えば、無料でDjVuファイルを開いて拡大/縮小表示したり、画質を調節して印刷できます。

WinDjViewは、一般的なPDFビューワーやMicrosoft PowerPointに似た画面構成で、画面の左側には小さなサムネイル画像が表示され、右側にはその画像を拡大したイメージが表示されます。各イメージページでは、全体または一部を拡大/縮小したり、テキストを検索してコピーすることができます。なお、WinDjViewでは複数のDjVuファイルを同時に開くことができ、ビューワー画面の上のタブで表示ファイルを切り替えられます。

FileメニューのSettingsでは、色を反転したり、彩度/明度などを調節することができます。また、印刷に適した色合いに自動調節(Adjustments)させたり、レンダリングの調整により高精細な画質にすることもできます。印刷の前に確認すると良いでしょう。

なお、WinDjViewはDjVuファイルの閲覧専用のソフトウェアなので、DjVuファイルを作成/編集したり、他のファイル形式に変換して保存することはできません。一方、PDFCreatorやdoPDFなどのPDF作成ソフトと併用すれば、印刷メニューを利用してPDF化することができます(両ソフトウェアの使い方はそれぞれの紹介レビューを参照してください)。 WinDjViewは、色調整や印刷に対応した、DjVuファイル専用の無料ビューワーソフトです。なお、有志の方により日本語化ファイルが提供されています。

— ユーティリティーとツール —

WinDjView

ダウンロード

WinDjView 2.0.2